WOODEN DOLL

 

チンドン屋の行列に絡まって
もう、ありとあらゆる不幸を 吸い込んだような顔してないで

ああ、恐ろしいことばっかだ 楽しむことさえもそう
もう、後になって思い出に ぶん殴られるのが嫌なんだ

絶望や諦観がどれほどの痛みを生むのか
他の誰かにわからない あなただけが正しさを持っている

ちゃんと話してよ 大きな声で さあ目を開いて わっはっはは
自分嫌いのあなたのことを 愛する僕も嫌いなの?
いつだってそうだ 心臓の奥で 誰彼彼も見下しては
見下される恐ろしさに 苛まれて動けずに

もう、黙り込んだ方がお得だ 否定されるくらいなら
その内に気づくんだ 何も言えない自分に

愛情や友情はあなたがいくら疑えど
一方的に与えられて あなたが決められるものじゃないや

ちゃんと笑ってよ カウチにかけて お腹抱えて わっはっはは
そんな寂しいこと言わないでよ さも知ったげにも俯いてさ
真っ赤っかな嘘 撒き散らしては 嘘に嘘つき塗り重ね
どうにもならず追い込まれて 傷つく前に逃げ出して

あなたが思うほどあなたは悪くない
誰かのせいってこともきっとある
痛みを呪うのをやめろとは言わないよ
それはもうあなたの一部だろ
でもね、失くしたものにしか目を向けてないけど
誰かがくれたもの数えたことある?
忘れてしまったなら 無理にでも思い出して
じゃないと僕は悲しいや

ちゃんと話してよ 大きな声で さあ目を開いて わっはっはは
自分嫌いのあなたのことを 愛する僕も嫌いなの?
いつだってそうだ 心臓の奥で 誰彼彼も見下しては
見下される恐ろしさに苛まれて動けずに

どこにもないと泣く前にさ
目の前の僕をちゃんと見つめてよ

 

 

米津玄師なら助けてくれるかもしれないと思ってランダムに聴いた曲。誰かに言われなくたって自分が1番わかってる。でもこれが歌になってる。私の気持ちをわかってくれる人がいると教えてくれる。「なにもかも憂鬱な夜に」みたいに、本でも音楽でも、誰かは同じ気持ちを持ってて、その誰かを救ってくれる人が現れる。

 

よかった。今日はこの曲に出逢えた。

おかげで今日もなんとかなった。

そのセンチメンタルはいつかお前の身を滅ぼすのかもしれないよ。

 

悲しんで欲しいかなと思ったんだ。泣きそうになってほしいのかなって。それが正解だと思った。だから泣きそうになった。いつも正解が良かった。


そしたら間違えた。
本当はあのとき、無表情でもいられた。そう考えるだけで、自分は冷たいなと思う。

 

本当は自分はご飯の味なんかわかっていない。だって一緒に食べてる人が笑ってたら美味しいし笑ってなかったら美味しくない。

 

あなたのために、あなたのために、あなたのせいで。

 

あなたの「ため」は、いつの間にか、あなたの「せい」に変わる。

 

だから嫌なのに、気づいたらあなたのため、あなたのせいにしている自分がいる。あなたのためはすべて、自分のためだと思っていてもあなたのせいにしている時がある。

 

嫌だな、嫌だな、優しくなりたい。

大人気の韓国グループのメンバーの自殺。彼は遺書を残していた。その中で、全部僕のせいで僕は僕が出来なかった。と書いてあった。なんかね。彼が本当に言いたかったその真意はわからないけどこの言葉は私にとってとても重い言葉だった。なんかわかるんだ、その気持ち。全部私のせいで私が出来ないってすごいわかるんだよなあ。わかりすぎて、何度も脳でこの言葉を再生した。彼は圧倒的に人気で私なんかより重圧がすごいから、私がわかるっていうのも失礼なのかもしれないけど。

私は女だ

私は女だ

というそれだけが、私をまだマシな人間にしてくれてるんだろうな。もし男だったのなら私は、人の痛みも考えたことのない人間になっていたかもしれない。きっとそうだ。望み通りのことが起きることが当たり前だと思っていたかもしれない。だから、だから神様は私を女にしたんだ。ちゃんと苦しんで、人の痛みに気付くことができるように。

 

私は女だ

というそれだけで、私の思い描く風景は現実には起こり得ない。

 


愚かなのも、ないものねだりなのも、わかっているつもりなんだけど、どうしてもうまくいかない。

 

私は女だ

そう、ポジティブに思える日がある。

 

私な女だ

それがこんなに悲しい日もある



 

 

 

 

 

後輩が毎日遅刻してくる。私が教える後輩はたまたま他の人がやることをやらないことが多いんだけど私にはそれが悪いことなのかわからない。怒るべきなのかな。それはなぜ悪いんだろう。常識とか、よくわからないことがいっぱいあるよ。納得できないことがいっぱいあるよ。私はたまたま朝が弱くないし誰にも怒られたくないから遅刻してないだけで遅刻がそんなに悪いことだとは思わない。自分が納得してないのにどうやって指導をすればいいんだろう。

遅刻しちゃいけないとされる一般的な理由についていくつか考えてみた。
・チーム戦の場合他の人を待たせているから
・時間を守れないやつは他のことでも信用されないから

チーム戦の場合はたしかに良くないかもしれない。例えばみんなでやらなければならない作業で遅刻して他の人が帰りが遅くなるとかそういうことがあるならさすがに迷惑だからダメなのかもしれない。でもチーム戦以外ではもう見当たらない気がするんだよね。時間を守れないだけでその人の他のことを信用しなくなるって冷静にやばくないかって思うんだよね。朝が弱いだけで朝が強い人よりもよっぽど仕事が出来る人はいるわけだし。なんか誰にでも苦手なことはあるのに朝が苦手になってしまったらバッシングをうけるってのは意味がわからない。

いなくならないでほしいものがいなくなるのが悲しいから早く自分がいなくなりたいのに自分が早くいなくなると、悲しむ人が少しいるってこともわかってて、それを思うとそれも悲しいからどうしていいかわからない。

なんでもうすでに存在しちゃってるんだろう。

 

いつも気を張ってる君の耳が垂れてる姿なんて私には耐えられない。

 

 

 

 

ニセモノ

控えめな輝きの指輪

ただの何気ない会話

付き合った瞬間の後輩彼女のタメ口

背の高い彼

彼の予定を把握する彼女

ネクタイ

平べったい身体

 

私がやってることが全てごっこ遊びに思えてくるもの。

全部全部、嫌いだ。

明日にはまた、許せるかもしれないけど。

もう寝よう。

おやすみ。