WOODEN DOLL

 

チンドン屋の行列に絡まって
もう、ありとあらゆる不幸を 吸い込んだような顔してないで

ああ、恐ろしいことばっかだ 楽しむことさえもそう
もう、後になって思い出に ぶん殴られるのが嫌なんだ

絶望や諦観がどれほどの痛みを生むのか
他の誰かにわからない あなただけが正しさを持っている

ちゃんと話してよ 大きな声で さあ目を開いて わっはっはは
自分嫌いのあなたのことを 愛する僕も嫌いなの?
いつだってそうだ 心臓の奥で 誰彼彼も見下しては
見下される恐ろしさに 苛まれて動けずに

もう、黙り込んだ方がお得だ 否定されるくらいなら
その内に気づくんだ 何も言えない自分に

愛情や友情はあなたがいくら疑えど
一方的に与えられて あなたが決められるものじゃないや

ちゃんと笑ってよ カウチにかけて お腹抱えて わっはっはは
そんな寂しいこと言わないでよ さも知ったげにも俯いてさ
真っ赤っかな嘘 撒き散らしては 嘘に嘘つき塗り重ね
どうにもならず追い込まれて 傷つく前に逃げ出して

あなたが思うほどあなたは悪くない
誰かのせいってこともきっとある
痛みを呪うのをやめろとは言わないよ
それはもうあなたの一部だろ
でもね、失くしたものにしか目を向けてないけど
誰かがくれたもの数えたことある?
忘れてしまったなら 無理にでも思い出して
じゃないと僕は悲しいや

ちゃんと話してよ 大きな声で さあ目を開いて わっはっはは
自分嫌いのあなたのことを 愛する僕も嫌いなの?
いつだってそうだ 心臓の奥で 誰彼彼も見下しては
見下される恐ろしさに苛まれて動けずに

どこにもないと泣く前にさ
目の前の僕をちゃんと見つめてよ

 

 

米津玄師なら助けてくれるかもしれないと思ってランダムに聴いた曲。誰かに言われなくたって自分が1番わかってる。でもこれが歌になってる。私の気持ちをわかってくれる人がいると教えてくれる。「なにもかも憂鬱な夜に」みたいに、本でも音楽でも、誰かは同じ気持ちを持ってて、その誰かを救ってくれる人が現れる。

 

よかった。今日はこの曲に出逢えた。

おかげで今日もなんとかなった。