キャッチボール

雨上がりの並木道
排気ガスと草の匂い
君は僕のななめ前
咳をしながら
苦しそうに笑った

赤く錆びた鉄棒
造りかけの砂のダム
君は僕の後ろから
ゴムのボールを
日の沈んだ空に高く投げた

「とれるわけないだろう!」 呆れながらも 慌てて追う
「とれなくてもいい」と 君は微笑んでた

夕焼けが終わっても
キャッチボールは続いてた
君はちょっと飽きた顔
思い付いた顔
コントロール無視のカーブ投げた

「とれるわけないだろう!」 呆れながらも 必死でとる
「とれないと思った」と 君は驚いてた

カーブの様な愚痴

消える魔球の様な優しさ

君のボールはいつも
届かない所へ飛んでいく
君はボールを何度も
僕に投げた

とれるわけない球も 呆れながらも 必死で追う
「とれなくてもいい」と 微笑んで欲しくない

今まで
見逃した 優しさや愚痴やいろいろ 必死で追う
キャッチボールは続いていく いつまでも続いていく

上手くなって 距離を置く
心は近付いていく
君の声は遠くなり
君のコエが近くなる

カーブの様なグチ

消える魔球の様な優しさ

 

とれなくてもいいかあ。なんかすごいわかってしまった。私もいつも相手がとれなくてもいいよと思って投げてるボールがたくさんある。でも時々、ほんとは拾ってくれたらいいのにな、今日は拾ってほしいなって思って、なのに取りにくい球を投げてしまって、わがままだなって気付く。相手が取れるように投げるのがやっぱり正しいと思う。

 

でもきっと私も、気付けなかったボールがたくさんあるんだろうな。