「私もそうだよ」

 

たったこれだけを言うのに声が震えたこと

 

すごくドキドキして

 

帰りによくわからない涙が出たこと

 

 

時々思い出す。

 

 

私の信頼はいつも

 

「私をいつでも殺せる武器を君にあげよう。」

 

これに尽きる。