日々を。

2008年8月13日

 

生まれて初めて大好きな人と付き合えた。

世界の全てが素晴らしく見えた日。

 

2009年3月22日

 

最後の演奏会の日だ。

ここで自分の人生が頂点だと本気で思っていた。

子供ながらに、人生でこの日より素晴らしい日は来ないと信じていた。来るわけないと思っていた。

 

しばらくは本当だった。

 

2012年5月8日

 

3年ほどたって、素晴らしい日は更新された。

初めて大切な人を見つけた日だ。

永遠を信じてみたくなった。

 

この日から、そうだな、もう生きてる理由見つけたしなにもいらない。

 

そう思っていた。

 

 

2016年9月18日

 

なにもいらないと思ってたのに、大切な人が増えた。本当にこんな日々を送っていいのか信じられなかった。

 

 

 

私は紛れもなく幸せ者だと思う。

 

 

 

 

_______________________________________

 

大切な日々は、更新されていく。

 

信じられないけど、更新されていく。

 

 

 

10年前の自分に教えてあげたい。

 

すごいぞ。更新されるんだぞ。あの演奏会の日が。

 

信じられるか?って。

 

 

10年後の自分に教えてもらいたい。

 

ちゃんと更新されたぞ。幸せだぞって。

 

信じられないでしょ?って。

 

 

 

 

 

どんな日々が待っているだろうか。

 

こんなに辛いのも、いつか終わるだろうか。

 

ちゃんと、生きているだろうか。

 

大好きな人たちを、大切にできているだろうか。

 

 

 

 

あなたのドアをくぐれるのはあなた1人だよ。

 

もう1人増えたとしても、それは私じゃない。

 

一緒には行けない。

 

何かを得るために、なにも失わずにいれると思ったら、きっと大間違いなんだ。選ぶんだよ。あなたの手で。

 

 

 

でも、一緒にいた日々は消えないよ。それは信じていい。だから、また会えるさ。違う道を歩いてる途中で。

迷ったら一緒に歩いた道があなたの背中を押してくれる。だって私たちは、そんな日々を過ごしてきた。

私はあなたと私とのことを思い出すことはないよ。だって、そうでしょ。

 

たくさんたくさんありがとう。